配属希望の学生の皆さんへ

「研究する人生を送りたい」,「研究で世の中の役に立ちたい」,「実験大好き!」と考えている学生を歓迎し,飛躍してもらいたいと考えています.


 ここでは,水書研究室の特徴と指導方針,ならびに学生諸君にどのような研究生活を過ごしていただきたいか,また,将来,どのような人材に育ってもらいたいか,ということについて述べます.当研究室への配属を希望される学生の皆さんは,必ず,全て(本ページに加え,ページ上部(あるいは,ページ下部)から「研究室の特徴」,「年間計画」,「研究テーマ」,および「指導方針」)読んでください.当研究室を希望されることは,水書研の指導方針や研究分野の特徴を理解していただいた上でなされていると受け取ります.

 

 当研究室では,以下のような学生さんの希望を研究室の発展とともに実現させたいと考えています.

  • 日本の科学技術の発展に寄与したいと本気で考えている
  • 一流の研究者・技術者にあこがれていて自分もなりたい
  • 海外の研究機関や大学で研究生活をしたいと本気で考えている
  • 積極的に知識の習得に取り組み,独自の工夫で課題解決できる能力を養いたい
  • 能力の限界を打ち破りたい
  • 外部研究機関(他大学,研究所)と連携した研究に取り組みたい,
  • 国内学会はもとより,国際学会において評価される研究に挑戦したい
  • 国内外の研究者と連携して研究したい
  • 独自の工夫で世界に例がない実験方法を作り上げたい

 など,当研究室の研究領域を通じ,「一流の研究者・技術者を目指して努力する覚悟と基礎能力」を備えた学生を育成したいと考えています.