研究業績


当研究室の研究成果の発表業績です.

2018年


2017年


【原著論文】

  1. 水書稔治. "凹型形状周りの衝撃波振動現象," 日本航空宇宙学会誌 Vol. 65, No. 10, 2017, pp. 314-320.

【学会発表】

  1. 水書稔治,田中進夢,山田和彦,前向き凹型空隙前方での衝撃波振動に対するスパイクの影響, 日本航空宇宙学会第48期年会講演会. 2017: 東京大学,東京.
  2. 水書稔治,山田和彦,超音速機流中での前向きキャビティ周囲での衝撃波振動の可視化, 高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2017. 2017: 平塚,神奈川.
  3. 水書稔治,背景型シュリーレン法の波面補償に着眼した超解像望遠可視化計測. 2017, 学術振興機構: 東海大学.
  4. 小田切太郎,杉山勇太,松村知治,若林邦彦,水書稔治,高速度 BOS法による 地中式火薬庫模型から伝播する爆風の可視化計測, 高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2017. 2017: 平塚,神奈川.
  5. 小山陽平,上岡泰明,水書稔治, 航空機の理解向上を目指した学生プロジェクトの紹介, 第23回スカイスポーツシンポジウム. 2017: 荒川,東京. p. 62-64.
  6. Odagiri, T., Mizukaki, T., Matsumura, T., and Wakabayashi, K. Quantitative flow visualization of the blast wave from an underground magazine model using background-oriented schlieren. in The 6th International Symposium on Energetic materials and their Applications. 2017. Sendai, Miyagi.
  7. Mizukaki, T. and Yamada, K., Characteristics of Self-Sustained-Shock Pulsation, in The 31st International Symposium on Shock Wave. 2017: Nagoya, Aichi.
  8. Mizukaki, T. and Yamada, K., Characteristics of Self-Sustained-Shock Oscillation around a Forward-Facing Concave with Spike, in The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference. 2017: Nago, Okinawa.
  9. Mizukaki, T., Otani, K., and Obayashi, S., Attitude Control of a Supersonic Projectile by Pulsation of Bow Shock, in Fourteenth International Conference on Flow Dynamics. 2017: Sendai, Miyagi.
  10. Mizukaki, T., Kato, A., Yabe, Y., Nagao, N., and Shimamura, K., Blast-like strong shock generation by using detonation-driven shock tube for fundamental study on blast injury, in JUFBI2017. 2017: Ichigaya, Tokyo.
  11. Kato, A., Aoki, Y., Mori, M., and Mizukaki, T., Fundamental research on blast simulator for blast injury research, in the 6th International Symposium on Energetic materials and their Applications. 2017: Sendai, Miyagi. p. 21.

【その他】

  1. 水書稔治. "AIAA SciTech Forum and Exposition(SciTech2017)参加報告," Explosion. Vol. 27, 2017, pp. 44-46.
  2. 水書稔治. "The 2nd Japan-USA Technical Information Exchange Forum on Blast Injury (JUFBI2017)参加報告," Explosion. Vol. 27, 2017, pp. 110-112.

【修士論文】(2017年度)

 

【卒業論文】(2017年度)

 

2016年


【原著論文】

  1.  Mizukaki, T. and S. Watabe (2016). "Visualization of stagnation point inside the closed wake of a 20%-truncated plug nozzle at starting process." Aerospace Science and Technology 50: 25-30.
  2. Mizukaki, T., Y. Hayakawa, T. Matsumura, K. Wakabayashi and Y. Nakayama (2016). "Quantitative visualization of the development of the blast structure generated by a 0.5 g-PETN pellet using background-oriented schlieren within an explosion chamber." Science and Technology of Energetic Materials 77(412): 129-135.
  3. Hatanaka, K., S. M. V. Rao, T. Saito and T. Mizukaki (2016). "Shock oscillations, Supersonic parachutes, Shock-vortex interactions, Cavity flow, Numerical simulations." Shock Waves 26(3): 299-310.

【学会発表】

  1. 鈴木涼介, 矢部裕一郎, 小田切太郎, 比護悠介, 田中諒, 水書稔治, 3 cm x 4 cm衝撃波風洞による超音速気流発生と流れの可視化計測, 平成27年度衝撃波シンポジウム. 2016: 熊本大学,熊本.
  2. 矢部裕一郎, 長尾隆央, 島村和夫, 水書稔治, 5 cm × 5 cm衝撃波管による負圧を伴う衝撃波の発生, 平成27年度衝撃波シンポジウム. 2016: 熊本大学,熊本.
  3. 田中進夢, 阿部淳, 山田和彦, 水書稔治, 末木未来, 流体-構造連成による惑星探査機用超音速パラシュートの変形模擬, 平成28年度宇宙航行の力学シンポジウム. 2016: 相模原,神奈川.
  4. 田中進夢, 末木未来, 水書稔治, 超音速パラシュートまわりの流れ場解析, 第60回宇宙科学技術連合講演会. 2016: 函館,北海道.
  5. 水書稔治, 鈴木涼介, 矢部裕一郎, 小田切太郎, 比護悠介, 山田和彦, 前向き凹型物体周囲での衝撃波振動特性の実験的解明, 日本航空宇宙学会第47期年会講演会. 2016: 東京大学,東京.
  6. 水書稔治,山田和彦, 前向き凹型物体周囲での衝撃波不安定振動-凹型のL/Dと主流の擾乱が衝撃波振動特性に与える影響 -, 平成27年度衝撃波シンポジウム. 2016: 熊本大学,熊本.
  7. 水書稔治, 小田切太郎, 大谷清伸, 大林茂, Background-Oriented Schlieren法による超音速飛しょう体周りの流れ場可視化, 可視化情報全国講演会(日立2016). 2016: 日立,茨城.
  8. 小田切太郎, 鈴木涼介, 矢部裕一郎, 比護悠介, 水書稔治, 背景指向型シュリーレン法によるMach3気流中の円錐円柱模型まわりの衝撃波のCT計測, 平成27年度衝撃波シンポジウム. 2016: 熊本大学,熊本.
  9. Mizukaki, T. and Yamada, K., Oscillation Characteristics of the Shock Waves around a Supersonic Deceleration-Device Model with Aerospike, in 46th AIAA Fluid Dynamics Conference. 2016, American Institute of Aeronautics and Astronautics.
  10. Mizukaki, T., Yabe, Y., Nagao, T., and Shimamura, K., Fundamental Research on Blast Simulator for Blast Injury Research, in 24th Military Aspects of Blast and Shock. 2016: Halifax, Canada.
  11. Mizukaki, T., Hatanaka, K., Saito, T., and Yamada, K., Experimental Investigation of Unsteady Shock Oscillation by a Forward-Facing Hemisphere at Mach 3, in 54th AIAA Aerospace Sciences Meeting. 2016: San Diego, California.

【修士論文】(2016年度)

  • 修了者なし

【卒業論文】(2016年度)

  1. 田中進夢,2016年度卒業研究論文:流体-構造連成解析による惑星探査機用超音速パラシュート変形解析(解析手法の確立と結果の検証),東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)
  2. 永島琢登,2016年度卒業研究論文:負圧を伴う平面衝撃波の発生,東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)
  3. 小倉篤人,2016年度卒業研究論文:衝撃波管における隔膜の破膜様態が衝撃波形成に与える影響東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)
  4. 宮之原青,2016年度卒業研究論文:チューンドオペレーションによる自由ピストン衝撃風洞の概念設計,東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)
  5. 加藤明里,2016年度卒業研究論文:金属燃料を用いたデトネーションのフィージビリティ研究,東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)
  6. 八木功貴,2016年度卒業研究論文:動的空力係数測定のための磁気浮上制御方式模型支持法の確立,東海大学工学部航空宇宙学科航空宇宙学専攻(2017)

2015年


2015年以前の業績について鋭意作成中!