研究室の特徴:国内外の研究者と連携した衝撃波研究を,独自の実験・数値解析手法で取り組み,また,研究室文化を大切にしています.


 水書研究室の特徴は,次のような点です.これらは,水書が学生時代を過ごした研究室での「研究室文化」となっていました.それを受け継いでいます.

  • 独自のアイデアを基にした研究重視(研究はアイデア勝負)
  • 実験精度の飽くなき追求(精度なき研究は意味なし)
  • 国内外の競争相手を常に意識した研究活動(ナンバー・ワンを目指す)
  • 海外から「この分野は,日本では水書研究室」と評価されることを目指す(オンリー・ワンの研究)
  • 外部研究機関と連携による大型実験の実施(視野を広げる)
  • 大学院進学率が高い(2018年度:3名中2名,2017年度:8名中5名)
  • 研究室全体で実施する年中行事が多い(研究室文化の実践)
  • 先輩・後輩関係を大切にする(研究室の一体感)
  • 海外の大学・研究機関との交流(学生を世界で活躍させる)

 「はじめに」で述べさせていただいた人材を育成するために,配属された学生の皆さんには,研究室中心の大学生活に加え,研究室の一員としての役割を担っていただきます.